1流の先生と2流の先生の違い。。。

こんにちは。

売れっ子教室コンサルタントの久保和佐です。

 

 

昨日は褒める技術も必要です!

とお伝えしました。

前回の記事をチェックする

 

 

私はコンサルタントとして

活動しています。

 

 

常に意識していることは

 

 

・クライアントに結果を出してもらう事

・クライアント伸ばす事

 

 

これを意識しているんですね。

 

 

 

あなたもそうです。

先生をやっている人は

ただ、教えるだけじゃなくて

昨日より今日、どれだけ成長したかを

実感してもらう必要がありますよね

 

 

教える事は簡単なんです。

 

 

1から10までステップを

伝えればいいわけだから。

 

 

難しいのはなにかと言うと・・・

 

 

生徒が『自分で考える力』を

みにつけてもらうことなんです。

 

 

私も師匠に教えていただきました。

 

 

 

コンサルタントとして

クライアントを育てるのは

子育てのようなもので

何でも教えるだけでなく、時には

距離を置いてクライアントが自分で考えて

行動する力を伸ばしてあげる必要もある

教えていただきました。

 

 

私たちが先生として生徒と

日ごろ接していますよね。

 

 

当然お金をもらっています。

 

 

お金をもらっている以上、生徒に

なんでも教える事が全てではないんですね。

 

 

生徒に嫌われたくない

自分をよくみせたい

 

 

このように考える事で

 

 

生徒の『自分で考える力』を

阻害している原因にもなるわけですよね。

 

 

なぜ自分で考える事になぜこだわるのか・・・

 

 

それは、

 

 

自分で考える→行動する→結果がついてくる

 

 

これを体験することで生徒さんは

 

 

・成功体験を実感できる

・自分の成長(伸び)を意識出来る

・一生忘れない ←これめっちゃ重要

 

 

あなたが学生の頃、難しい問題を解いて

正解をもらった経験ありませんか?

 

 

思い浮かべてください!

 

 

仕事をしていた頃でもいいですよ。

 

 

自分で頑張って褒めてもらった

経験ありませんか?

 

 

 

なにかしらパッと浮かぶのであれば

それは、あなたの成功体験でもありますし

成長を意識した時でもありますし、一生忘れない

記憶として大切に記憶に保管されていると思います

 

 

違いますか?

 

 

生徒が自分で考えて結果をだすと

一生忘れないんです。

 

 

その事実を大切に記憶の中に保管するんです。

 

 

 

教えるだけの先生は2流です

 

生徒に一生忘れられない指導をするのが1流です。

 

 

 

僕はそのように思っています。

 

 

あなたも近い考えをもっているのでは

ないでしょうか。

 

 

一緒に1流の先生を目指していきましょう。

 

 

 

あなたの教室が売れっ子教室になりますように!
 
 

ライバルも知らない
安定して生徒を集める集客術を
知りたい方は他にいませんか?

クリックして詳細を確認する