生徒のやる気を引き出す方法

 

こんにちは。

売れっ子教室コンサルタントの久保和佐です。

 

 

今日は生徒のやる気を引き出す方法について

お話します。

 

 

この話ではちょっと変わった事をいいます。

気になる方は最後まで読んでください。

 

 

みなさんの教室は大人をターゲットにしたり

子供をターゲットにしたりと様々ですよね。

 

 

 

教室経営をしていて

考えて欲しいのは、技術や知識を

与えるだけが仕事ではないですよね。

 

 

生徒の感情を高ぶらせてあげるのも

あなたの仕事なんですね。

 

 

行動のスイッチが入る瞬間は

感情が大きく動いた時です

 

 

嬉しいきもちだとやる気も出ます。

悲しい気持ちだと成果は出ません。

悔しい気持ちが原動力にもなります。

恐怖で身動き気が取れなくなったりもします。

 

 

あなたも経験ありますよね。

 

 

感情って色々あるんですね!

 

 

人を動かす強い動機として

承認欲求』を刺激してください。

 

 

承認欲求』ってわかりますか?

 

 

ヒトに認められたいと言う欲求です。

 

 

例えば、

 

私はサッカーをずっと続けていました。

中学生のころサッカーの試合で母が試合を

見に来てくれていたんですね。

 

 

しかし、思春期の私は

『来んでいいのに!』って母に言ってました。

 

 

恥ずかしさもあったんです(笑)

 

 

でも、母が見に来るといつも以上に張り切って

いました。活躍する姿を見せて

 

『頑張ったね!』と言われたかったんですね(笑)

 

 

恥ずかしい話をしましたが

これが『承認欲求』です。

 

 

母に認められたい!この気持ちです。

 

 

あなたは先生なんですね。

生徒さんに『先生から認められたい』・『先生から褒められたい

この様な感情を引き出してあげてください。

 

 

これは結構強い動機です!

 

 

なんで認められたいかと言うと

自分と周りの生徒さんを比べているんですね。

 

 

だからこそ先生に認められたいと言った気持ちが

強くなります。

 

 

変な事いいますよ!

 

 

認められたい気持ちを駆り立てる為に

生徒同士で競争してもらうのも1つ方法です!

 

 

やりすぎはトラブルの元にもなりますので

注意が必要ですが、比べることで成長も感じることが

出来るので、生徒同士の競争も1ついい方法です。

 

 

その為に、コンテストなんか企画してみては

どうでしょか?

 

 

あなたの教室でもコンテストを取り入れる事は

簡単ですよね。

 

 

コンテストでライバル心を煽って

生徒のやる気を引き出す。

 

 

上級者テクニックですが、実践してみてくださいね!